プロテインは冷蔵庫で保存した方がいい?正しい保存方法とは

2022.06.11

こんな悩みのある方へ
・プロテインを常温で置いておくのが不安
・冷蔵庫に入れた方がいいの?
・プロテインはどのくらい持つの?

上記のようなお悩みの方のためにプロテインの正しい保存方法についてまとめてみました!

プロテインは粉になっているだけでタンパク質の塊なので、正しい保存方法で保存しないと品質劣化してしまいますよ。

プロテインの正しい保存方法

・高温多湿を避ける
・ジッパーをしっかりと閉めて密閉する
・直射日光に当てない
・水分を含ませない

高温多湿を避ける

食品なので、高温多湿を避けるようにしましょう。

湿気によってプロテインが固まってしまい、品質が落ちてしまいます。

また、湿気てしまうことで、雑菌が繁殖してしまう可能性があります。

ジッパーをしっかりと閉めて密閉する

プロテインのパッケージはジッパーのものが多いと思いますが、粉が挟まってちゃんとジッパーがしまっていないということがよくあります。

プロテインはタンパク質の塊なので、ダニの大好物です。

少しでもジッパーが空いているとダニが入ってきてしまいます。

しっかりとジッパーが閉まっていることを確認し、きちんと密閉保存するようにしましょう!

直射日光に当てない

直射日光に当てるとプロテインの劣化につながります。

直射日光の当たらない涼しい場所で管理するようにしましょう。

水分を含ませない

濡れた手でプロテインの袋に手を入れるのも厳禁です。

水分を含んでしまうと、カビが生える原因になってしまうので、乾いた手でプロテインを扱うようにしましょう。

プロテインは冷蔵庫に入れた方がいい?

結論から言うと、冷蔵庫に入れなくてもいいが、高温多湿・直射日光・ダニなどから防ぐためにプロテインは冷蔵庫に入れた方がいいです。

冬場であれば、常温で管理していても高温多湿を防げるので特に問題ありませんが、

夏場であれば冷蔵庫以外の室内は高温多湿になりがちです。

なので、せめて夏場だけでも冷蔵庫で保存することをオススメします。

プロテインを長持ちさせるために

プロテインの品質を出来る限り長持ちさせるためには、以下のように保存すると良いですよ。

・冷蔵庫に入れて保存
・乾燥剤を入れる
・タッパーに入れ替える

乾燥剤を入れる

プロテインは粉なので、どうしても水分を含みやすいです。

濡れた手で触らないのはもちろんですが、プロテインの保存容器の中に乾燥剤を入れておくことで、湿気を吸収してくれますよ。

タッパーに入れ替える

プロテインは袋にジッパーが付いているものが多いですが、

ジッパータイプのものだと、粉が詰まってジッパーが閉まりにくくなることが多いと思います。

特にマイプロテインなどの海外のプロテインは作りが甘く、ジッパーが目詰まりすることが多いですよね。。

ジッパーが閉まらないとダニが入って来てしまうので、しっかりと密閉出来るタッパーに移し変えて保存しておくことをオススメします。

ちなみに僕は、ジップロックのタッパーに入れて保存しています!

冷蔵庫に入れて保存

やっぱり、一番大事なのは冷蔵に入れて保存することです!

暗所で高温多湿も避けられるので、品質を落としたくない方は冷蔵庫に入れて保存するようにしましょう。

プロテインは冷蔵庫に入れて品質を保とう!

プロテインは正しく保存しないと、ダニが発生したりカビが沸いたりしてしまいます。

せっかく健康のためにプロテインを飲んでいるので、品質をちゃんと保った状態で体に吸収させてあげたいですよね。

出来る限りタッパーなどに取り分けて、冷蔵庫で保存するようにしましょう!

関連記事

オススメ記事

おすすめウェアショップランキング